「ミステリが読みたい!2022年版」発表  
 年末企画として好評をいただいている、ミステリマガジン「ミステリが読みたい! 2022年版」のランキングが決定いたしました。

 書評家、作家、翻訳家、書店員といったミステリのプロフェッショナルが、海外作品・国内作品のベスト10を選出。その結果を集計してランキングにしております。
 20位までのランキングは以下の通りです。


【海外作品ランキング】
1位『自由研究には向かない殺人』ホリー・ジャクソン/服部京子・訳

2位『ヨルガオ殺人事件』アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭・訳

★3位『木曜殺人クラブ』リチャード・オスマン/羽田詩津子・訳

4位『父を撃った12の銃弾』ハンナ・ティンティ/松本剛史・訳

5位『オクトーバー・リスト』ジェフリー・ディーヴァー/土屋晃・訳

★6位『第八の探偵』アレックス・パヴェージ/鈴木恵・訳

7位『彼と彼女の衝撃の瞬間』アリス・フィーニー/越智睦・訳

8位『見知らぬ人』エリー・グリフィス/上條ひろみ・訳

9位『スリープウォーカー マンチェスター市警 エイダン・ウェイツ』ジョセフ・ノックス/池田真紀子・訳

9位『台北プライベートアイ』紀蔚然/舩山むつみ・訳

11位『血の葬送曲』ベン クリード/村山美雪・訳

★12位『マイ・シスター、シリアルキラー』オインカン・ブレイスウェイト/粟飯原文子・訳

13位『TOKYO REDUX 下山迷宮』デイヴィッド・ピース/黒原敏行・訳

14位『狼たちの城』アレックス・ベール/小津薫・訳

★15位『ホテル・ネヴァーシンク』アダム・オファロン・プライス/青木純子・訳

16位『運命の証人』D・М・ディヴァイン/中村有希・訳

★17位『ブート・バザールの少年探偵』ディーパ・アーナパーラ/坂本あおい・訳

★18位『文学少女対数学少女』陸秋槎/稲村文吾・訳

19位『夜と少女』ギヨーム・ミュッソ/吉田恒雄・訳

20位『レヴィンソン&リンク劇場 皮肉な終幕』リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク/浅倉久志 他・訳





【国内作品ランキング】
1位『黒牢城』米澤穂信

2位『テスカトリポカ』佐藤究

★3位『機龍警察 白骨街道』月村了衛

4位『蒼海館の殺人』阿津川辰海

5位『兇人邸の殺人』今村昌弘

6位『忌名の如き贄るもの』三津田信三

★7位『インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー』皆川博子

8位『六人の嘘つきな大学生』浅倉秋成

9位『invert 城塚翡翠倒叙集』相沢沙呼

10位『蝶として死す 平家物語推理抄』羽生飛鳥

11位『神の悪手』芦沢央

12位『硝子の塔の殺人』知念実希人

13位『孤島の来訪者』方丈貴恵

14位『雷神』道尾秀介

15位『あと十五秒で死ぬ』榊林銘

16位『おれたちの歌をうたえ』呉勝浩

17位『時空犯』潮谷験

18位『アンデッドガール・マーダーファルス3』青崎有吾

19位『メルカトル悪人狩り』麻耶雄嵩

20位『パラダイス・ガーデンの喪失』若竹七海




★は弊社刊行作品。


 
 
日付 : 2021/11/29 照会 : 17016
 
次 : 2021年12月刊行予定の商品を掲載いたしました