購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • 映画オッペンハイマー
  • AXNミステリー
  • hayakawa note
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
 
ホーム > お知らせリスト >【訃報】原鏤畧袖遒里知らせ

お知らせ

【訃報】原鏤畧袖遒里知らせ (2023/05/10)

直木賞作家の原錙覆呂蕁Δ蠅腓Α∨槎勝仝狭А瓩呂蕁Δ燭し)さんが5月4日夜、福岡県内の病院で死去した。享年76。葬儀は家族葬で執り行った。


1946年佐賀県鳥栖市生まれ。九州大学文学部美学美術史科卒業。70年代はおもにフリージャズのピアニストとして活躍。30歳ころから意識的に翻訳ミステリを乱読し、とくにレイモンド・チャンドラーに心酔した。


1988年に私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』で作家デビュー。日本の風土にハードボイルドを定着させた優秀作として高い評価を得た。1989年の第2作『私が殺した少女』で第102回直木賞を受賞した。


その後長篇第3作『さらば長き眠り』(1995年)、第4作『愚か者死すべし』(2004年)と一貫して沢崎シリーズを書き続け、2018年に14年ぶりに発表した長篇第5作『それまでの明日』が遺作となった。短篇集に『天使たちの探偵』1990年)、エッセイ集に『ミステリオーソ』『ハードボイルド』(ともに2005年)がある。以上、すべて早川書房刊。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。


🄫早川書房
リストを見る