『SFプロトタイピング』誤植についてのお詫びと訂正  
『SFプロトタイピング――SFからイノベーションを生み出す新戦略』(宮本道人=監修・編著、難波優輝・大澤博隆=編著)の11頁から12頁にかけて、文章が重複する誤りがありました。「SF活用の意義を早くから認知した層としては、コンサルティング業界、軍事業界、学術業界などが挙げられる。アメリカでは、2012年にSFを用いたコンサルティングを行うSciFutures という会社が立ち上げられた。」という文章が2回繰り返されますが、編集作業の過程で生じた誤りであり、著者の意図しないものです。
 
編著者のみなさまおよび読者のみなさまに、深くお詫びを申し上げますとともに、謹んで訂正させていただきます。
 
早川書房編集部
 
 
 
日付 : 2021/06/07 照会 : 3377
 
次 : マイケル・サンデルWebセミナー「能力主義は正義か? サンデル教授、東工大「利他プロジェクト」と対話する」配信のご案内