購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 

ブラッドベリ, レイ

Ray Bradbury <>

1920年、イリノイ州ウォーキガンに生まれる。本名はレイ・ダグラス・ブラッドベリ。高校生のころから創作を始め、作家になることを夢見ていた。20歳を超えるころには、SFを中心としたさまざまなパルプ・マガジンに作品を発表するようになる。やがて発表の場を高級誌に移すと、科学性を控えた幻想的、叙情的な作風も手伝い、しだいにSFファンだけでなく一般読者の心をもとらえていった。 『黒いカーニバル』(1947)に始まり、『火星年代記』(1950)、『刺青の男』(1951)、『太陽の黄金の林檎』(1953)など、短篇集ないしはオムニバス長篇を多く発表している。また短篇作家の名手として高く評価され、O・ヘンリー賞を二度受賞した。いっぽう、長篇は1953年に発表された『華氏451度』が、不朽の名作のほまれ高く、フランソワ・トリュフォー監督によって映画化されて大きな反響を呼んだ。その後も『メランコリイの妙薬』(1959)、『よろこびの機械』(1964)、『キリマンジャロ・マシーン』(1969)、そして1996年には『瞬きよりも速く』を発表するなど、後年にいたるまで活発な作家活動を続けた。 2012年、カリフォルニア州ロサンゼルスで死去。91歳だった。

総 8件