認知心理学者、プリンストン大学名誉教授ダニエル・カーネマン逝去のお知らせ  
認知心理学者、プリンストン大学名誉教授ダニエル・カーネマンが、2024年3月27日(水)に亡くなりました。享年90。
弊社では、世界的ベストセラー『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』のほか、『NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか?』(共著)を刊行しています。

「行動経済学」の先駆者として、心理学者にしてノーベル経済学賞を受賞し、意思決定のあり方を革新した氏の業績を称え、心よりご冥福をお祈り申し上げます。


【プロフィール】
ダニエル・カーネマン Daniel Kahneman
認知心理学者。プリンストン大学名誉教授。専門は意思決定論および行動経済学。
1934年テルアビブ生まれ。幼少期をパリで過ごし、その後家族とともにパレスチナに移住。エルサレムのヘブライ大学で心理学と数学を学んだ後、イスラエル国防軍心理学部門に勤務。1958年にアメリカに渡り、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学などを経て、1993年よりプリンストン大学教授。2002年に、不確実な状況下における意思決定モデル「プロスペクト理論」などを経済学に統合した業績が評価され、心理学者にしてノーベル経済学賞を受賞。著書に、『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』、共著で『NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか?』(以上早川書房刊)のほか、日本独自編纂の著作集『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』などがある。







 
 
日付 : 2024/03/28 照会 : 5462
 
次 : 2024年4月刊行予定の商品を掲載いたしました