第11回アガサ・クリスティー賞決定  
第11回アガサ・クリスティー賞決定


 8月3日(火)、早川書房に於いて第11回アガサ・クリスティー賞の最終選考会が行なわれました。
 北上次郎氏、鴻巣友季子氏、法月綸太郎氏、清水直樹・ミステリマガジン編集長の4名により選考が行なわれ、全員が最高点、満場一致で『同志少女よ、敵を撃て』(逢坂冬馬)を受賞作に決定いたしました。

第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作
『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬

あらすじ
1942年、モスクワ近郊の農村で暮らす少女セラフィマは半農半猟の生活をおくっていた。だが、その暮らしを突如奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親が殺害され、村人たちが惨殺されたのだ。自らも殺されそうになったその時――赤軍の女性兵士イリーナに命を救われる。セラフィマは母を撃ったドイツ兵に復讐をはたすべく、狙撃兵になることを決意する。冒険小説の興奮と成長小説の感動に満ちたミステリ大作。

著者略歴
逢坂冬馬(あいさか・とうま)
1985年生まれ。35歳。埼玉県在住。

 受賞作は早川書房より11月に単行本で刊行予定です。
 詳しい選考過程、選評は「ミステリマガジン」2021年11月号(9月25日発売)に掲載いたします。
 
 
日付 : 2021/08/05 照会 : 25727
 
次 : 第9回ハヤカワSFコンテスト 二次選考結果発表