著訳者 > カ行 > > 株式会社円谷プロダクション > ウルトラマンデュアル
著訳者 > マ行 > > 三島 浩司 > ウルトラマンデュアル
刊行年月 > 2016年 > 01月 > 単行本 > ウルトラマンデュアル
ジャンル > SF > ウルトラマンデュアル
ジャンル > 冒険小説 > ウルトラマンデュアル
ジャンル > 文芸 > ウルトラマンデュアル
種類 > 単行本 > ウルトラマンデュアル
 

ウルトラマンデュアル

価格: 2,160 円(税込)
原書名: 
ISBN: 9784152095947
刊行日: 2016/01/22
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

三島 浩司
ISBN 9784152095947

円谷プロ×早川書房の公式コラボ企画

地球征服を目論(もくろ)むヴェンダリスタ星人とそれを阻止するウルトラの戦士たちは激しく衝突し戦力を削りあった。どちらの援軍が先に地球に到着するかで、この星の命運が決まる──。地球は勝敗が決するまで、ウルトラの戦士に希望を託しつつヴェンダリスタ星人にも服従の態度を示さねばならぬジレンマを抱えることとなった。政府は苦渋の選択のすえ、傷ついた宇宙船で東京近郊に不時着したウルトラの聖女を、建前上はヴェンダリスタと同等の侵略者と位置づけた。ウルトラの聖女もまた地球の事情を察し、その一帯を"光の国の飛び地"として侵略支配することを宣言する。巨大な壁に囲まれ情報と物資の供給が絶たれた小さな飛び地に、ヴェンダリスタはウルトラの聖女を倒すため次々と怪獣を送り込む。地球のために涙する聖女に心打たれ共闘を誓った少数の者たちは、中立の立場を崩さない政府によって国籍を剥奪され、地球人であることを捨てて極秘のうちに飛び地へ渡った。そのひとり、二柳日々輝(ふたやなぎ・ひびき)もまた複雑な思いを胸に、光の国への扉をくぐるのだった……。 イラストレーション/後藤正行          * 強大な暴力に巻き込まれたとき、避けがたい理不尽に襲われたとき、自己犠牲の精神を目の前にしたとき、何を成すことが正義なのか? 君には今でも、ウルトラの星が見えているか?
0000111351

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません