購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
刊行年月 > 2019年 > 10月 > 雑誌 > 悲劇喜劇2019年11月号──アルベール・カミュ
ジャンル > 文芸 > 悲劇喜劇2019年11月号──アルベール・カミュ
ジャンル > 戯曲/演劇 > 悲劇喜劇2019年11月号──アルベール・カミュ
種類 > 雑誌 > 悲劇喜劇 > 悲劇喜劇2019年11月号──アルベール・カミュ
 

悲劇喜劇2019年11月号──アルベール・カミュ

価格: 1,500 円(税込)
原書名: 
ISBN: 
刊行日: 2019/10/07
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ISBN

今こそ読むアルベール・カミュ

フランスの小説家・劇作家、アルベール・カミュ(1913−1960)。
不慮の事故で46歳で亡くなるまで、小説『異邦人』、戯曲『カリギュラ』、『誤解』などを発表しました。
その作品は「不条理」とそれに対する「反抗」というテーマで貫かれています。
混迷を極める今だからこそ、カミュが求めた「真理」は切実に響くかもしれません。
今回の特集では、菅田将暉の言葉やカミュの戯曲解説、本邦初訳の講演録・インタビューから、「演劇人」としての顔や、その思想の一端をご紹介します。

悲劇喜劇二〇一九年十一月号

特集=アルベール・カミュ

狂気の暴君『カリギュラ』に挑む 菅田将暉 聞き手=濱田元子

演劇のことばと声――『カリギュラ』を控えて 栗山民也 岩切正一郎

カリギュラ・サロメ・三島 古川日出男

いつも、ともにある 藤田貴大

カミュの言葉に宿る色と匂い 稲葉賀恵

カミュ・ニーチェ・アルトー――フランス演劇の七十年とともに 堀切克洋

私はなぜ芝居をするか(一九五九年五月十二日に放送されたテレビ番組「グロ・プラン(クローズアップ)」でインタビューに答えて) アルベール・カミュ 翻訳=東浦弘樹

悲劇(トラジエデイ)の未来について(一九五五年四月二十九日、ギリシャ・アテネでカミュが行なった講演) アルベール・カミュ 翻訳=東浦弘樹

アルベール・カミュ戯曲解説 東浦弘樹

アルベール・カミュ略年譜 東浦弘樹



「私の公共性」を探っていきたい――福岡アジア文化賞を受賞して 佐藤信

●エッセイ

わたしの衣・食・遊・住 上白石萌音

OFF-OFF悲劇喜劇 橋本淳

●批評

いくつかのモニュメントと壁、あるいはその他について 島貫泰介

「我々」とは誰のことか?――地方の怨念とエイズの身体と旅すること 渋革まろん

●連載

シーン・チェンジズ 長谷部浩の演劇夜話 長谷部浩

愛しき面倒な演劇人 名プロデューサーが明かす知られざる素顔 中根公夫



第七回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞のお知らせ

■戯曲

『正義の人びと』 作=アルベール・カミュ 翻訳=白井健三郎

『ある晴れた日に』 柳美里

『メモリアル』 松原俊太郎

演劇時評
小玉祥子・伊達なつめ(第一回)

パルコ『人形の家 Part2』
M&O plays『二度目の夏』
DULL-COLORED POP『福島三部作』
Bunkamura『美しく青く』
東宝『ブラッケン・ムーア〜荒野の亡霊〜』
東宝/キューブ『フローズン・ビーチ』
イマシバシノアヤウサ『アイランド』
彩の国さいたま芸術劇場『朝のライラック』
名取事務所『ジャスパー・ジョーンズ』
松竹『笑う門には福来たる〜女興行師 吉本せい〜』
青年座『明日 一九四五年八月八日・長崎』
ブロードウェイ・ミュージカル『王様と私』
東京成人演劇部vol.1『命、ギガ長ス』

時評ニュース
「SPAC秋→春のシーズン 2019-2020」開幕、新刊案内など。
0000731911

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません