第10回アガサ・クリスティー賞決定!  
第10回アガサ・クリスティー賞決定!

 8月25日(火)、早川書房に於いて第10回アガサ・クリスティー賞の最終選考会が行なわれました。
 北上次郎氏、鴻巣友季子氏、清水直樹・ミステリマガジン編集長の3名による協議の結果、『地べたを旅立つ』(そえだ 信)を大賞に、『ミゼレーレ・メイ・デウス』(宮園 ありあ)を優秀賞に決定いたしました。


第10回アガサ・クリスティー賞
大賞『地べたを旅立つ』(そえだ 信)
優秀賞『ミゼレーレ・メイ・デウス』(宮園 ありあ)



『地べたを旅立つ』あらすじ
刑事課勤務の勢太は小樽市で交通事故に遭い、目覚めると――ロボット掃除機となっていた……こんな姿になっても、義父からDVを受けている姪を、護らなければいけない!卓抜な着想の掃除機ミステリ。そえだ信(そえだ・しん)生年非公表。北海道在住。


『ミゼレーレ・メイ・デウス』 18世紀フランス――パリ・オペラ座演出家の殺害現場に残された血の伝言と遺体の手に握られた聖書の謎に、公妃と軍人が挑む。歴史の光と闇を描き出した重厚なミステリ。宮園ありあ(みやぞの・ありあ)1968年生、52歳。千葉県在住。

 大賞受賞作は早川書房より11月に単行本で刊行、優秀賞受賞作は来年1月刊行予定です
 詳しい選考過程、選評は「ミステリマガジン」2021年1月号(11月25日発売)に掲載いたします。
 
 
日付 : 2020/08/26 照会 : 11680
 
次 : 『楽園とは探偵の不在なり』誤植についてのお詫びと訂正