購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ナ行 > > 仲 達志 > 幻想の経済成長
著訳者 > ハ行 > > ピリング, デイヴィッド > 幻想の経済成長
刊行年月 > 2019年 > 03月 > 単行本 > 幻想の経済成長
ジャンル > ノンフィクション > 幻想の経済成長
ジャンル > 伝記/評論 > 幻想の経済成長
ジャンル > ビジネス > 幻想の経済成長
種類 > 単行本 > 幻想の経済成長
 

幻想の経済成長

価格: 2,268 円(税込)
原書名: THE GROWTH DELUSION:The Wealth
ISBN: 9784152098450
刊行日: 2019/03/20
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

デイヴィッド・ピリング
仲 達志
ISBN 9784152098450

《フィナンシャル・タイムズ》元東京支局長が 「成長」の正体に迫る!3月著者来日

「日本は本当に終わった国なのか?」 東京の街にあふれる活気が、記者を新たな取材へと向かわせた――

《フィナンシャル・タイムズ》元東京支局長、「成長神話」を追う

「GDP」(国内総生産)を拡大し続ければ、私たちは本当に幸せになれるのか? 
『日本‐喪失と再起の物語』で話題を呼んだ《フィナンシャル・タイムズ》の元東京支局長が、
こんな疑問を胸に世界5大陸で取材を敢行。
至れり尽くせりの日本の新幹線から金融危機の後遺症に苦しむアイスランド、
大気汚染と闘う中国から統計には表れないケニアの元気な非公式経済まで、
各国で見聞きした豊富な事例をもとに「成長至上主義」の限界を明かし、
そこから脱却するための道筋を示す。

序文「日本の読者へ」を特別収録。

「私たちが『成長』に取り憑かれていることを明らかにする、ウィット、情報、取材、いずれも行き届いたガイド」
――アンガス・ディートン(ノーベル経済学賞受賞者)

「秀逸で時宜を得た本。政策立案者、経済学者、投資家、そしてジャーナリストの必読書だ」
――ジリアン・テット(《フィナンシャル・タイムズ》米国版編集長)

「とても洞察に富み、随所に機知がひらめく、本質的な問いに対する導きの書」
――コフィ・アナン(第7代国連事務総長、ノーベル平和賞受賞者)

■著者紹介
デイヴィッド・ピリング David Pilling
《フィナンシャル・タイムズ(FT)》紙のアフリカ編集長。ロンドンを拠点にアフリカ各地を取材する。2002年1月から08年8月まで、同紙の東京支局長。ケンブリッジ大学卒業。1990年よりFT記者。チリ、アルゼンチン特派員、製薬・バイオ産業担当、アジア編 集長などをへて現職。アジアに関するコラムで、The Society of Publishers in Asia Award、英Editorial Intelligence Comment Awardなど受賞歴多数。著書『日本‐喪失と再起の物語』(2014年、邦訳早川書房)は、《ニューヨーク・タイムズ》、《エコノミス ト》、《読売新聞》など、各国のメディアで絶賛された。

■訳者略歴
仲 達志(なか・たつし)
翻訳家。主な訳書にピリング『日本‐喪失と再起の物語』、マーフィー『日本‐呪縛の構図』、ハリス『セガvs. 任天堂』(以上早川書房刊)、ホーマンズ『犬が私たちをパートナーに選んだわけ』ほか。


0005209845

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません