購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
刊行年月 > 2021年 > 05月 > 単行本 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
映像化作品 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
著訳者 > ア行 > > 大谷 真弓 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
著訳者 > ハ行 > > ベーコン, リー > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
ジャンル > SF > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
ジャンル > 冒険小説 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
ジャンル > 児童書 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅
種類 > 単行本 > 12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅

12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅

価格 : 1,540 円(税込)
原書名 : THE LAST HUMAN
ISBN : 9784152100252
刊行日 : 2021/05/18
数量 : 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

リー・ベーコン
大谷 真弓
ISBN 9784152100252

12歳のロボットと少女の冒険を描く児童書。アカデミー賞受賞スタッフによる映画化が決定!

――その時、あんたはいなかったんだし、あたしもいなかったんだから ――きみのいう通りだ。僕らはまだ12才だしね ――そうだよ。あたしたちは、大人の残したひどい世界を押し付けられた、ただの二人の子どもなんだから (本文より) ロボットによって人間が排除されて30年経った未来。12歳のロボットXR_935にとって、この世界には何の問題もない。人間がいなければ、戦争も公害も犯罪もない。ロボットは人間と違って、環境を大事にし、地球と残された生物全てを守っている。そしてロボット社会のメンバー全員に目的がある。すべてがスムーズかつ効率的に進む。XRがありえないものを発見するまで…。いるはずがない人間の少女エマに出会うその日まで。エマも12歳。これまでロボットたちから身を隠した地下バンカーで過ごしていた。そこからある使命を背負い地上に出た彼女は、初めて見た世界に驚く。そこはロボットに支配された自然豊かな世界だった。
0005210025

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません