購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
刊行年月 > 2020年 > 10月 > 雑誌 > 悲劇喜劇2020年11月号──没後10年 つかこうへいの今
ジャンル > 戯曲/演劇 > 悲劇喜劇2020年11月号──没後10年 つかこうへいの今
ジャンル > エッセイ > 悲劇喜劇2020年11月号──没後10年 つかこうへいの今
種類 > 雑誌 > 悲劇喜劇 > 悲劇喜劇2020年11月号──没後10年 つかこうへいの今
 

悲劇喜劇2020年11月号──没後10年 つかこうへいの今

価格: 1,500 円(税込)
原書名: 
ISBN: 
刊行日: 2020/10/07
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ISBN

今改めてつかこうへいの劇世界に迫る

悲劇喜劇二〇二〇年十一月号

特集=没後10年 つかこうへいの今

不世出の劇作家・演出家つかこうへいが六十二歳で世を去って十年が経ちました。唯一無二の存在であったつかの不在を、熱狂的なブームを共に過ごした人々はどう捉えるのでしょうか。あるいはその人

となりをよく知る人々は、つかとの思い出をどのように語るのでしょうか。そして、「つかイズム」から離れて作品を自由に解釈・演出する人々の言葉からは、どのようなつかこうへい像が形作られるの

でしょうか。つかこうへい十年の不在とこれからを、多面的に探ります。


●つかこうへいがいたころ

思い出すつかのこと 矢野誠一 

つかさんと過ごした幸せな時間 風間杜夫 聞き手=林尚之 

あまりにも大きな、大事な存在 平田満 聞き手=林尚之 

父のこと 愛原実花 

つかこうへいの「口立て」とその後の演劇 七字英輔 

〈詩人つか・こうへい〉がいたころ 柴崎信三 

つか芝居は犖電記瓩箸覆辰討靴泙Δ里 長谷川康夫 


●つかこうへいの今

追い詰める言葉 佐々木敦 

本当に入り口だった 山内ケンジ 

アンティゴネと寝盗られ宗介と現在のこと 神里雄大 

演劇の、生身の力への憧れ 大池容子 

つかこうへいを読む──『熱海殺人事件』を控えて/今の日本をつかこうへいが生きていたら 稲葉賀恵


■再録

言葉の冒険 つかこうへい 別役実


●小特集・劇場の灯を消さないために

コロナ禍から少しだけ見え始めた芸術界への光 大高健志 

緊急事態舞台芸術ネットワークの発足に寄せて 伊藤達哉 

危機とネットワーク?ON-PAM、全国小劇場ネットワークの経験から? 野村政之


■エッセイ

OFF - OFF悲劇喜劇 矢崎広 

わたしの衣・食・遊・住 石橋静河 


●批評

コロナ禍で、今、私が想うこと─オンライン授業を通して考える演劇─ 穴澤万里子

はんこと同じくらい嫌われている演劇への公的支援について 萩原雄太


■追悼・三浦春馬

まさか、あれが見納めになるとは…… 小山内 伸


■追悼・立石涼子

立石涼子さんを悼む 芦沢みどり 


■追悼・宮下展夫

一つの戦争、青春、演劇人生 山本健一


■追悼・山崎正和

劇作家・山崎正和氏を悼む 大笹吉雄 

大文字の人間ドラマ 栗山民也 聞き手=内田洋一


●連載

愛しき面倒な演劇人 名プロデューサーが明かす知られざる素顔 中根公夫 

シーン・チェンジズ 長谷部浩の演劇夜話 長谷部 浩


■戯曲

『エレファント・マン』 作= バーナード・ポメランス 翻訳= 徐 賀世子 

『五十四の瞳』 鄭義信


●演劇時評

飯塚友子 林尚之(最終回)

PARCO『大地(Social Distancing Version)』
劇団チョコレートケーキ『無畏』
燐光群『天神さまのほそみち』    
こまつ座『人間合格』
東京芸術劇場『赤鬼』
東宝『ジャージー・ボーイズ イン コンサート』
松竹図夢歌舞伎『忠臣蔵』、『八月花形歌舞伎』
新国立劇場『イヌビト?犬人?』
世田谷パブリックシアター『殺意 ストリップショウ』   
文化座『フライ、ダディ、フライ』
オフィス3○○『さるすべり』、『消えなさいローラ』
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団・東京夜光『BLACK OUT─くらやみで歩きまわる人々とその周辺─』


時評ニュース

0000732011

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません