購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > サ行 > > シャーレ, ポール > 無人の兵団──AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争
著訳者 > ハ行 > > 伏見 威蕃 > 無人の兵団──AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争
刊行年月 > 2019年 > 07月 > 単行本 > 無人の兵団──AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争
種類 > 単行本 > 無人の兵団──AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争
 

無人の兵団──AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争

価格: 3,996 円(税込)
原書名: ARMY OF NONE: Autonomous Weapo
ISBN: 9784152098757
刊行日: 2019/07/18
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ポール・シャーレ
伏見 威蕃
ISBN 9784152098757

ビル・ゲイツ&瀬名秀明氏推薦! 「ターミネーター」誕生は近い? 自律型兵器と戦争の未来を描く戦慄の書

ビル・ゲイツ氏、年間ベストブックに選出!
「ずっと待ち望んでいた本だ。
どんなに薦めても薦め足りない」

瀬名秀明氏、推薦!
「私たちが今後かならず関わるロボット/AIの危機管理・意思決定論を包括して扱う。
未来をつくる/生きる基盤となる重要な1冊」

ウィリアム・E・コルビー賞受賞
ターミネーター誕生は近い? 米レインジャー部隊出身の軍事アナリストが先端技術の最深部に迫る。

勃興するAI・ロボット技術を受け、急速に進化が進む「自律型兵器」。映画〈ターミネーター〉シリーズに描かれるような、ロボットが人類を脅かす近未来は到来するのか? 米陸軍レインジャー部隊出身のアナリストが、最先端軍事技術の実態とその深部に迫る。イスラエルの完全自律型無人機「ハーピー」、米国の無人艇「シーハンター」、韓国のロボット哨兵「SGR‐A1」など、各国の実例を紹介し、DARPA(米国防高等研究計画局)の研究者、軍の高官、軍縮活動家などあらゆる関係者を取材。導入と規制の課題、戦争と人類の未来を展望する。
解説/佐藤丙午(拓殖大学海外事情研究所・副所長)

■著者紹介
ポール・シャーレ Paul Scharre
アメリカの軍事アナリスト。米陸軍のレインジャー部隊員として、イラクとアフガニスタンに計4度出征。2008〜14年まで、米国防総省(ペンタゴン)にて、自律型兵器に関する法的・倫理的課題と政策を研究。現在は、ワシントンD. C. のシンクタンク「新アメリカ安全保障センター(CNAS)」のシニアフェロー、「テクノロジー及び国家安全保障プログラム」ディレクターを務める。《ニューヨーク・タイムズ》、《ウォール・ストリート・ジャーナル》、《フォーリン・アフェアーズ》などに寄稿し、CNN、FOXニュース、NPR、MSNBC、BBCへの出演も多い。本書で、軍事史、インテリジェンス、国際政治分野の理解促進に多大な貢献をなした本に贈られるウィリアム・E・コルビー賞(2019年度)を受賞。

■訳者略歴
伏見威蕃 Fushimi Iwan
1951年生まれ。早稲田大学商学部卒業。英米文学翻訳家。豊富な軍事知識を生かした緻密でレベルの高い翻訳で知られる。訳書にスタントン『ホース・ソルジャー』、ロメシャ『レッド・プラトーン 14時間の死闘』、ファイナル『戦場の掟』、ボウデン『ブラックホーク・ダウン』、グリーニー『暗殺者グレイマン』(以上早川書房刊)他多数。


0005209875

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません