購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
刊行年月 > 2019年 > 07月 > 文庫 > 母性のディストピア I──接触篇
著訳者 > ア行 > > 宇野 常寛 > 母性のディストピア I──接触篇
ジャンル > ノンフィクション > 母性のディストピア I──接触篇
ジャンル > 伝記/評論 > 母性のディストピア I──接触篇
種類 > ハヤカワ文庫JA > 母性のディストピア I──接触篇
 

母性のディストピア I──接触篇

価格: 924 円(税込)
原書名: 
ISBN: 9784150313746
刊行日: 2019/07/18
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

宇野 常寛
ISBN 9784150313746

宮崎駿、富野由悠季、押井守―― アニメが描いた戦争と性

敗戦の記憶は、日本人の想像力を母子相姦的な構造の中に閉じ込めた。映像の20世紀の臨界点、戦後アニメーションの3人の巨人は、この「母性のディストピア」にどう対峙したのか? 宮崎駿は「母」の胎内で飛ぶことを夢見る少年たちを描いた。富野由悠季はモビルスーツという仮初めの身体と架空年代記を繰り返し破壊しつつ、「ニュータイプ」という想像力を追い求めた――『ゼロ年代の想像力』に続く傑作評論、待望の文庫化
0000021374

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません