購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
刊行年月 > 2019年 > 04月 > 雑誌 > 悲劇喜劇2019年5月号──第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞
種類 > 雑誌 > 悲劇喜劇 > 悲劇喜劇2019年5月号──第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞
 

悲劇喜劇2019年5月号──第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞

価格: 1,445 円(税込)
原書名: 
ISBN: 
刊行日: 2019/04/05
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ISBN

第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞受賞作=『消えていくなら朝』を大特集!

第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞は新国立劇場『消えていくなら朝』(作=蓬莱竜太、演出=宮田慶子)に決定いたしました。作家、演出家、出演者へのインタビュー、中村勘九郎・YOU・行定勲・平田満の特別寄稿、戯曲から作品の魅力を掘り下げます。戯曲は気鋭の劇作家・根本宗子の新作『クラッシャー女中』(出演=麻生久美子、中村倫也)。

悲劇喜劇二〇一九年五月号

特集=ハヤカワ「悲劇喜劇」賞


第六回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞選考会 鹿島茂 辻原登 今村忠純 杉山弘                   


間が闇となり、深渕となる 辻原登

「古典」となる資格を有した傑作 鹿島茂

演劇は仕事である 今村忠純

演劇の力を感じる新しい視点 杉山弘


新境地を拓いた"反抗期の終り" 蓬莱竜太 聞き手=徳永京子

八年間の芸術監督、最後の作品 宮田慶子 聞き手=杉山弘

四十代のターニングポイントに 鈴木浩平 聞き手=濱田元子


観終わったあとに残る「あたたかいもの」中村勘九郎

蓬莱君の旅の途中に寄せて YOU

蓬莱竜太の到達点 行定勲

すがすがしい『消えていくなら朝』 平田満


第七回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞のお知らせ


■エッセイ


OFF - OFF悲劇喜劇 山中崇

わたしの衣・食・遊・住 吉行和子


●連載

愛しき面倒な演劇人 名プロデューサーが明かす知られざる素顔 中根公夫

シーン・チェンジズ 長谷部浩の演劇夜話 長谷部 浩


●劇評
『罪と罰』
不安と迫力の中における魂の救済 結城雅秀


●海外レポート
藤田俊太郎、『VIOLET』でロンドンデビュー──これからの日英共同制作の可能性を考える 田中伸子

■戯曲

『消えていくなら朝』 作=蓬莱竜太

『クラッシャー女中』 作=根本宗子

演劇時評 
藤谷浩二・嶋田直哉(第一回)

世田谷パブリックシアター×パソナグループ『チャイメリカ』
Bunkamura『唐版 風の又三郎』
チェルフィッチュ『スーパープレミアムソフトWバニラリッチソリッド』
東京芸術劇場×兵庫県立芸術文化センター『Le Pere 父』
こまつ座『イーハトーボの劇列車』
オフィスコットーネ『夜が掴む』
オペラシアターこんにゃく座『遠野物語』
流山児★事務所『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』
KAAT『出口なし』
劇団四季『パリのアメリカ人』
宝塚歌劇団雪組『ファントム』
東京二期会『金閣寺』
ニブロール『悲劇のヒロイン』
Bunkamura『罪と罰』
ホリプロ『プラトーノフ』
SPAC『顕れ〜女神イニイエの涙〜』

時評ニュース 第二十六回読売演劇大賞、二〇一八年度芸術選奨、第六十三回岸田國士戯曲賞、新刊案内など。
0000731905

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません