購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ア行 > > 阿部 里美 > ミミズ・フライの食べ方
著訳者 > ラ行 > > ロックウェル, トマス > ミミズ・フライの食べ方
ジャンル > 児童書 > ミミズ・フライの食べ方
種類 > 単行本 > ミミズ・フライの食べ方
 

ミミズ・フライの食べ方

価格: 1,540 円(税込)
原書名: How to Eat Fried Worms
ISBN: 9784152500137
刊行日: 2003/10/17
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 トマス・ロックウェル
翻訳 阿部 里美
ISBN 9784152500137

 ひょんなことから、ビリーは友だちのアランとジョーを相手に、「ミミズを15日間、毎日1匹ずつ食べる」という賭けをすることになってしまった。味方になってくれたのは、トムひとりだけ。成功すれば、ミニバイクを買うための50ドルが手に入る。
 ミミズなんて、ちょっときたないだけで食べてもなんともないと、ビリーははじめ、楽観的だった。それを見たアランとジョーは、なんとかビリーに音をあげさせようと、あれこれ策をめぐらす。「ミミズを食べると病気になる」という医者の手紙をでっちあげて送りつけたり、2匹のミミズをつなげて超巨大ミミズのように見せておびえさせたり、夜おそくまでおやつをふるまってミミズを食べるのをわすれさせようとしたり。
 だが、ビリーも負けてはいない。トムや家族もまきこんで、調理法をいろいろ考えだす。ミミズのフライにミミズの蒸し焼き、ミミズ入りアイスクリームケーキなどなど。さいしょは反対していた母さんも、しだいに熱心に料理にとりくむようになる。そして運命の15日目、ついに最後のミミズを飲みこんだビリーだったが、思わぬ落としあなが……

 アメリカで30年以上も前から読みつがれている、気持ちわるくてゆかいな作品。主人公をはじめとする少年たちのわんぱくぶりが楽しい。わらいながら気軽に読んでください。 150013

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません