購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > サ行 > > 仙名 紀 > 憎悪の世紀 上──なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか
著訳者 > ハ行 > > ファーガソン, ニーアル > 憎悪の世紀 上──なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか
ジャンル > ノンフィクション > 憎悪の世紀 上──なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか
種類 > 単行本 > 憎悪の世紀 上──なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか
 

憎悪の世紀 上──なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか

価格: 3,024 円(税込)
原書名: The War of the World
ISBN: 9784152088833
刊行日: 2007/12/20
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

ニーアル・ファーガソン
仙名 紀
ISBN 9784152088833

大規模な塹壕戦が繰り広げられた第一次世界大戦、ヨーロッパで相次いだユダヤ人虐殺、南京大虐殺、無差別爆撃や原爆に象徴される第二次世界大戦、スターリンの大粛清、中国の文化大革命、世界各地で絶え間なく発生する内戦……20世紀は史上空前の規模で殺戮が行なわれた血塗られた世紀であった。戦争や内紛の直接の犠牲者だけでなく、それに付随する飢餓や環境悪化のために命を落とした者を含めると、延べ死者数はとんでもない数になる。一方、民主主義や福祉の概念が浸透し、医療や科学技術が飛躍的に発達するなど、20世紀が「進歩の時代」だったことも疑いない。だとすればなおさら、この100年に世界が殺戮の場と化した要因を突きとめておく必要がある。ハーヴァードの気鋭の歴史学者が、世界中が同時多発的に大量殺戮に向かった状況をつぶさに検証し、地政学的なダイナミズムが人々の情動と結びつく瞬間を鋭く見定める。既存の歴史観を問い直す挑戦的な書。
0000113531

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません