購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > マ行 > > 三沢 陽一 > アガサ・クリスティー賞殺人事件
ジャンル > ミステリ > アガサ・クリスティー賞殺人事件
ジャンル > 短篇集・アンソロジー > アガサ・クリスティー賞殺人事件
種類 > 単行本 > アガサ・クリスティー賞殺人事件
 

アガサ・クリスティー賞殺人事件

価格: 1,728 円(税込)
原書名: 
ISBN: 9784152094810
刊行日: 2014/09/25
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 三沢 陽一
ISBN 9784152094810

作家志望の青年は、新人賞に落ち続けることに絶望し、人生最後の旅に赴く。名前を棄て、家族を棄て、友人を棄て、わずかな金と数枚の黒い服、数冊の愛読書を黒いトランクに詰め込んだ。金田耕一、明田五郎、神沢恭一、星川龍一……古今の名探偵にちなんで名乗った偽名ゆえか、青年は行く先々で奇妙な事件に出会う。恐山山中の密室殺人、盛岡の名刹を飲み込んだ謎の炎、大曲の蛇神に兄を祟り殺された妹、山形でマスコミを騒がせた少年の首なし死体――そして、旅が終わりを告げるかに思われた東京・信濃町のアガサ・クリスティー賞授賞式の会場でも悲劇は起きた! 三沢陽一、有栖川有栖、東直己、森晶麿、青柳碧人、千街晶之、笹川吉晴等々、関係者が実名で登場する授賞パーティの最中に起きた殺人事件の真相とは? 『致死量未満の殺人』で正統派本格の新鋭として好評を得た第3回アガサ・クリスティー賞作家が贈る、5篇収録の本格ミステリ連作集。 111625

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません