購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > カ行 > > グールド, スティーヴン・ジェイ > ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり
著訳者 > ワ行 > > 渡辺 政隆 > ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり
ジャンル > ポピュラー・サイエンス > ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり
ジャンル > ノンフィクション > ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり
種類 > 単行本 > ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり
 

ぼくは上陸している 上──進化をめぐる旅の始まりの終わり

価格: 2,700 円(税込)
原書名: I Have Landed
ISBN: 9784152092311
刊行日: 2011/08/10
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

スティーヴン・ジェイ・グールド
渡辺 政隆
ISBN 9784152092311

人文学の広い知識をもとにした独特のスタイルで進化生物学を語ってきた科学者グールド。本書はその彼が真骨頂を発揮した、作家生活25周年の集大成である。

『ロリータ』の著者ナボコフは、蝶の分類の専門家としての顔も持っていたが、多くの文芸評論家に誤解されている。その誤解とは? ダーウィンの代表的な弟子である進化生物学者ランケスターが、なぜマルクスの葬儀に出席したのか? 熱烈な進化論者ヘッケルのとてもわかりやすく大評判になった――が、必ずしも正確ではなかった――著書の余白に、進化論の反対論者だったアガシが残した言葉とは? ウィットに富み、蘊蓄を織り交ぜたエッセイは、読者をいつしか科学の愉しみへといざなう。

2002年に惜しまれながら亡くなった著者の、最後の科学エッセイ集。
0000116563

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません