第9回アガサ・クリスティー賞決定!  
第9回アガサ・クリスティー賞決定!

 7月5日(金)、早川書房に於いて第9回アガサ・クリスティー賞の最終選考会が行なわれました。
 北上次郎氏、鴻巣友季子氏、藤田宜永氏、清水直樹・ミステリマガジン編集長の4名による協議の結果、『月よりの代弁者』(穂波了)と『それ以上でも、それ以下でもない』(折輝真透)の二作品が大賞受賞作に決定しました。


第9回アガサ・クリスティー賞(2作同時受賞)
『月よりの代弁者』(穂波 了)
『それ以上でも、それ以下でもない』(折輝 真透)


『月よりの代弁者』あらすじ
月面でミッションに臨む宇宙飛行士が月の裏側で変死を遂げた。その遺体には未知のウィルスが取り付いていた。やがて遺体をのせた宇宙船は帰還途中、制御不能に。地球へと落下し、地上の人々は感染パニックの脅威にさらされ……
穂波 了(ほなみ・りょう)1980年5月31日生まれ。千葉県在住。

『それ以上でも、それ以下でもない』あらすじ
1940年、パリが陥落し、ナチスによるレジスタンス狩りが進む中、フランス中西部のサン=トルワンでは、かくまっていた男が殺される事件が起こる。はたして村人が殺したのか? 村の神父は疑問を抱えながらも行動を開始する。だが、ナチスの脅威は隣町まで迫っていた……。
折輝 真透(おりてる・まとう)生年月日非公表。東京都在住。著書に『マーチング・ウィズ・ゾンビーズ』(2019年/第4回ジャンプホラー小説大賞金賞)

 受賞作は早川書房より11月に単行本で刊行される予定です。
 贈賞式は11月22日(金)に東京・信濃町の明治記念館にて執り行なわれます。
 また、詳しい選考過程、選評は「ミステリマガジン」11 月号(9月25日発売)に掲載いたします。
 
 
 
日付 : 2019/07/08 照会 : 7050
 
次 : 劉慈欣『三体』刊行記念 大森望さん×藤井太洋さんトークイベント開催