購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • アサシン映画DVD発売
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
受賞作品 > ニルヤの島
著訳者 > サ行 > > 柴田 勝家 > ニルヤの島
ジャンル > SF > ニルヤの島
種類 > 単行本 > ニルヤの島
 

ニルヤの島

価格: 1,728 円(税込)
原書名: 
ISBN: 9784152095046
刊行日: 2014/11/21
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

柴田 勝家
ISBN 9784152095046

ハヤカワSFシリーズJコレクション

人生のバッファとしての"死後の世界"を喪ったとき、果たして人類は何を信ずるのか?

27歳、民俗学徒の俊英が描く、現代SFの最先鋭

生体受像(ビオヴィス)の技術により生活のすべてを記録しいつでも己の人生を叙述できるようになった人類は、宗教や死後の世界という概念を否定していた。唯一死後の世界の概念が現存する地域であるミクロネシア経済連合体(ECM)の、政治集会に招かれた文化人類学者イリアス・ノヴァクは、浜辺で死出の旅のためのカヌーを独り造り続ける老人と出会う。模倣子行動学者のヨハンナ・マルムクヴィストはパラオにて、"最後の宗教"であるモデカイトの葬列に遭遇し、柩の中の少女に失った娘の姿を幻視した。ミクロネシアの潜水技師タヤは、不思議な少女の言葉に導かれ、島の有力者となっていく──様々な人々の死後の世界への想いが交錯する南洋の島々で、民を導くための壮大な実験が動き出していた……。民俗学専攻の俊英が宗教とミームの企みに挑む、第2回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作。
0000124674

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません