購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • アサシン映画DVD発売
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
映像化作品 > パパ、ママ、あいしてる
著訳者 > ア行 > > 青山 陽子 > パパ、ママ、あいしてる
著訳者 > タ行 > > デザリック, キース > パパ、ママ、あいしてる
著訳者 > タ行 > > デザリック, ブルック > パパ、ママ、あいしてる
ジャンル > ノンフィクション > パパ、ママ、あいしてる
ジャンル > 伝記/評論 > パパ、ママ、あいしてる
種類 > 単行本 > パパ、ママ、あいしてる
 

パパ、ママ、あいしてる

価格: 1,543 円(税込)
原書名: Notes Left Behind
ISBN: 9784152091130
刊行日: 2010/03/05
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 ブルック・デザリック
著者 キース・デザリック
翻訳 青山 陽子
ISBN 9784152091130

「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系全国ネット)で紹介!

6歳の誕生日の直前、上の娘のエレナが悪性の脳腫瘍で、余命わずか135日と宣告されてしまった。両親はエレナの思い出を残そうと、毎日を日記に綴り始めた。

放射線治療・化学療法によりいったんは具合がよくなったエレナは、"ウェディングドレス"を着るという夢をかなえ、イルカと泳ぎ、大好きな巨匠の作品とともに自分の絵を美術館に展示してもらう。だが、幸せな時間は長くは続かず、彼女の病状は次第に悪化し、宣告から8カ月半後、短い生涯を終えたのだった。

悲しみの中、両親はエレナが生前、家のあちこちに手紙を隠していたことに気づく。それは、両親や妹に愛を伝えるものだった。手紙は2年以上たったいまもときおり見つかり、両親は彼女の残したものを愛情とともに振り返っている。

家族のかけがえのなさ、人生を愛することの大切さを教えてくれる、感動の実話。

「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系全国ネット)で紹介されました!(2014年9月11日)


著者紹介
ブルック&キース・デザリック Brooke and Keith Desserich
ブルック・デザリック(エレナとグレースのママ)とキース・デザリック(パパ)はアメリカ合衆国オハイオ州シンシナティでグレースと暮らしている。エレナの物語がきっかけとなり、小児脳腫瘍の治療法を見つけるための非営利財団The Cure Start Nowを設立した。
116619

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません