購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ハ行 > > 濱野 大道 > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
著訳者 > ハ行 > > パリー, リチャード・ロイド > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
刊行年月 > 2015年 > 04月 > 単行本 > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
ジャンル > ノンフィクション > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
ジャンル > 伝記/評論 > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
種類 > 単行本 > 黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
 

黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実

価格: 2,484 円(税込)
原書名: People who eat darkness
ISBN: 9784152095343
刊行日: 2015/04/22
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

リチャード・ロイド・パリー
濱野 大道
ISBN 9784152095343

ハヤカワ・ノンフィクション

"
高村薫氏(『レディ・ジョーカー』)、感服!
「外国人の眼に映る東京の風景の鮮烈なこと! 都会の闇とそこに蠢く人間がこれほど活写されたことはない。」

宮崎学氏(『突破者』)、絶賛!
「日本の『水商売』の世界に対する著者の深い理解、そして『事件』を突き放して見る筆致には、思わず引き込まれる。」

吉岡忍氏(『M/世界の、憂鬱な先端』)、驚嘆!
「孤独で裕福な男。純真で平凡な女。最高で最低の街。無能で執拗な警察。過去で現在の歴史――凄惨な事件の隙間を埋め尽くしたノンフィクション傑作!」


★「頁を繰る手がとまらない……忘れがたい傑作」──ミネット・ウォルターズ(『女彫刻家』ほか)
★「衝撃的な作品……日本への筆者の知識と理解には類まれなものがある」――デイヴィッド・ピース(〈ヨークシャー四部作〉〈東京三部作〉)
★「本書は現代の『冷血』である」――クリス・クリーヴ(『息子を奪ったあなたへ』)
★《エコノミスト》《ガーディアン》《ニュー・ステーツマン》で年間ベストブック、《パブリッシャーズ・ウィークリー》で年間トップ10に選出。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞「最優秀犯罪実話賞」、及びサミュエル・ジョンソン賞候補作。

あの蒸し暑い夏の夜、彼女は東京の路上から永遠に消えた――。
2000年7月、六本木でホステスとして働いていた元英国航空の客室乗務員ルーシー・ブラックマン(21)が、突然消息を絶った。失踪当初から事件を追い続けた英紙《ザ・タイムズ》の東京支局長が、日英豪関係者への10年越しの取材で真相に迫る。滞日20年、日本を知り尽くした著者にしか書き得なかった底知れぬ闇とは? 複雑に絡み合う背景を丹念に解きほぐして「文学」にまで昇華させ、海外で絶賛を浴びた犯罪ノンフィクション。著者が事件現場のその後を訪ねる日本版あとがき収録"
0000112356

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません