購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
  • AXNミステリー
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ア行 > > 上野 元美 > モサド・ファイル
著訳者 > ハ行 > > バー=ゾウハー, マイケル > モサド・ファイル
著訳者 > マ行 > > ミシャル, ニシム > モサド・ファイル
ジャンル > ノンフィクション > モサド・ファイル
ジャンル > 伝記/評論 > モサド・ファイル
種類 > 単行本 > モサド・ファイル
 

モサド・ファイル

価格: 2,700 円(税込)
原書名: Mossad:The Greatest Missions of the Israeli Secret Service
ISBN: 9784152093523
刊行日: 2013/01/10
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

著者 マイケル・バー=ゾウハー
著者 ニシム・ミシャル
翻訳 上野 元美
ISBN 9784152093523

ハヤカワ・ノンフィクション

【内容紹介】
麻生幾氏、驚嘆!
「日本人は奪われ続けてきた。"生き残る"壮絶さを知る機会を。今だからこそ、私達は、本書によってその"壮絶さ"を知るべきだ」


手嶋龍一氏、絶賛!
「北朝鮮からイランへ通じる地下水脈を核ミサイル技術が行き交っている。いち早く察知していたのは最強のインテリジェンス機関モサドだった」


「本書は知られるべきことと、知られるべきではないことについて語っている。すなわち、イスラエルの秘められた力は、定評あるこの国の体力と同じくらい手ごわいものだということを」
――シモン・ペレス(イスラエル大統領)

「本書は、スペクタクルに富むスパイ小説のように読め、それでいて、世界的にも歴史の古い情報機関に関する数々の実話を語っている。一読の価値ある書物だ」
――チャック・ヘーゲル(元アメリカ共和党上院議員、大統領情報問題諮問委員会の共同議長)

スパイ小説の巨匠が、ベールに包まれた情報機関の真実を描くベストセラー・ノンフィクション!

「モサド」――畏怖と敬意を込めてその名が語られるイスラエルの対外情報機関。世界最強と謳われるそのエージェントたちは、いかにして危険に満ちた任務を遂行してきたのか? スパイ小説の名手として知られるイスラエル人作家が、60年を超える歴史をひもとき、謎に包まれた真実に迫る。
世界を瞠目させたナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの誘拐、「黒い九月」やヒズボラなどアラブ・テロリストとの果てなき相克、北朝鮮も暗躍したシリアによる核開発計画の阻止……。それら過去の作戦のみならず、近年の核兵器をめぐるイランとの秘密戦争の実態を描き、最終段階に入った両国の熾烈な戦いを丹念に追う。
イスラエルの歴代国家指導者、モサドの元長官やエージェントなど、多数の当事者への取材と最新の情報をもとに、国家存亡の危機を幾度も救ってきた秘密機関の全貌が浮かび上がる。本国イスラエルで一大ベストセラーとなった白熱のインテリジェンス秘録。

【著者紹介】
マイケル・バー=ゾウハー Michael Bar-Zohar
イスラエルの作家。1938年ブルガリアに生まれ、48年にイスラエルに移住する。ヘブライ大学を卒業後、パリ大学で政治学と国際関係論の博士号を取得し、在学中に新聞社の特派員となる。1956年の第2次中東戦争、67年の第3次中東戦争、73年の第4次中東戦争に従軍。その後、ハイファ大学、米国のエモリー大学で教鞭をとり、国会(クネセト)議員にもなった。また、モシェ・ダヤンの顧問を務め、ダヴィド・ベングリオン、およびシモン・ペレスの公式伝記を執筆。イサル・ハルエル元モサド長官の伝記も手がけている。
スパイ小説の巨匠として知られ、作品に『エニグマ奇襲指令』、『ベルリン・コンスピラシー』、ノンフィクションに『ミュンヘン』(共著)など多数がある(以上、ハヤカワ文庫刊)。バー=ゾウハー氏の作品はこれまでに18の言語に翻訳されている。その功績を称えられ、レジオン・ドヌール勲章など受賞歴も多数。
公式サイト:http://www.barzohar.com/ 

ニシム・ミシャル Nissim Mishal
イスラエルのジャーナリスト。おもにテレビの世界で活躍しており、イスラエルのテレビ局の政治記者、ワシントン特派員、社長を務める。ベストセラーとなったイスラエルの歴史に関する著書がある。 117519

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません