購入金額2,000円以上 送料無料
キーワード検索
           
  • AXNミステリー
  • hayakawa books & magazines
  • facebook
  • twitter
  • ニコニコチャンネル
  • 電子書籍
  • 電子書籍洋書
  • 早川清 文学振興財団
  • 雑誌の定期購読のご案内
  • メールマガジンの登録・解除はこちら
  • スマートフォンサイト
 
著訳者 > ア行 > > イングス, サイモン > 見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
著訳者 > ヤ行 > > 吉田 利子 > 見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
ジャンル > ポピュラー・サイエンス > 見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
ジャンル > ノンフィクション > 見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
種類 > 単行本 > 見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
 

見る──眼の誕生はわたしたちをどう変えたか

価格: 2,808 円(税込)
原書名: The Eye
ISBN: 9784152089991
刊行日: 2009/01/23
数量: 
買い物カゴに入れる

 

商品詳細

サイモン・イングス
吉田 利子
ISBN 9784152089991

光を効率よくとらえようとしてさまざまな生き物が眼を発達させ、見るという能力を獲得した。これまで見つかった最大の眼は、巨大なダイオウイカのもので、目玉の直径が40センチあったという。イカの眼とヒトの眼はまったく異なる進化をたどってきたものだが、それでも両者はじつによく似た構造をしているのだ。

では、わたしたちはどうやってものを見ているのだろう。多くの哲学者や科学者がその謎に取り組んできた。プラトンは、眼がある種の光線を放射するおかげでものが見えるのだと唱えた。19世紀、死者の網膜には像が残ると言われ、殺人事件の捜査で眼球の写真が撮られた。色覚障害のあった科学者ドルトンは、自分の眼球の色が異なるのだと考え、死後に自分の眼を解剖させている。

眼には想像以上の物語がある。眼の進化と意識、色覚や錯覚に隠された秘密、視覚の未来まで、眼と「見ること」のすべてを探る。


本書で取り上げている題材:
・触れて触る眼――ホシバナモグラの鼻、ハダカデバネズミ
・カンブリア紀の大爆発と眼の誕生
・三葉虫のひさしを持った眼、あいだをおいてはめ込まれた眼
・ショウジョウバエの脚に作られた眼
・第三の眼、松果体
・「視光線」を放射している眼?
・色と言葉
・ステレオグラム
・殺人の原因にもなった視覚の化学
・虹が10色に見える4色型色覚をもつ女性
その他多数。
0000117238

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません