読書の秋に海外SFを。電子書籍「海外SFセール」開催中!  
秋の夜長に海外SFはいかがですか? アーサー・C・クラークやロバート・A・ハインライン、そしてグレッグ・イーガンからコニー・ウィリス、ケン・リュウまで、なんと300点以上のタイトルが最大50%OFF。主要電子書籍ストアで現在開催中です(9月25日まで)。

また、これを機会に手にとってみようと思ってくださったかたになにかガイドブックになるようなタイトルを、と考え、セールに合わせて『ハヤカワ文庫SF2000総解説』を500円に値下げしています。

詳しくは以下のURLをチェックしてみてください。
9/25(火)までです。
https://www.hayakawabooks.com/n/n3b549434cf3f





【セール参加作品全リスト】
*著者名50音順

・アイザック・アシモフ『ファウンデーション』
・アイザック・アシモフ『ファウンデーション対帝国』
・アイザック・アシモフ『第二ファウンデーション』
・アイザック・アシモフ『夜来たる』
・アイザック・アシモフ『サリーはわが恋人』
・アイザック・アシモフ『われはロボット 決定版』
・アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』
・アイザック・アシモフ『はだかの太陽〔新訳版〕』
・マデリン・アシュビー『vN』
・グレッグ・イーガン『ひとりっ子』
・グレッグ・イーガン『しあわせの理由』
・グレッグ・イーガン『ディアスポラ』
・グレッグ・イーガン『祈りの海』
・グレッグ・イーガン『順列都市』(上・下)
・グレッグ・イーガン『ゼンデギ』
・グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』
・グレッグ・イーガン『エターナル・フレイム』
・グレッグ・イーガン『アロウズ・オブ・タイム』
・グレッグ・イーガン『白熱光』
・グレッグ・イーガン『シルトの梯子』
・ジョン・ヴァーリイ『逆行の夏 ジョン・ヴァーリイ傑作選』
・アンディ・ウィアー『火星の人』
・アンディ・ウィアー『アルテミス』(上・下)
・コニー・ウィリス『ブラックアウト』
・コニー・ウィリス『オール・クリア』(1・2)
・コニー・ウィリス『航路』(上・下)
・コニー・ウィリス『犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』(上・下)
・コニー・ウィリス『リメイク』
・コニー・ウィリス『ドゥームズデイ・ブック』(上・下)
・カート・ヴォネガット『タイムクエイク』
・カート・ヴォネガット『ホーカス・ポーカス』
・カート・ヴォネガット『ヴォネガット、大いに語る』
・カート・ヴォネガット『スラップスティック』
・カート・ヴォネガット『死よりも悪い運命』
・カート・ヴォネガット『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』
・カート・ヴォネガット『ジェイルバード』
・カート・ヴォネガット『パームサンデー―自伝的コラージュ―』
・カート・ヴォネガット『デッドアイ・ディック』
・カート・ヴォネガット『青ひげ』
・カート・ヴォネガット『ガラパゴスの箱舟』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『スローターハウス5』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『タイタンの妖女』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『猫のゆりかご』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『プレイヤー・ピアノ』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『チャンピオンたちの朝食』
・カート・ヴォネガット・ジュニア『母なる夜』
・ハーラン・エリスン『死の鳥』
・アルント・エルマー『エスケイプ』
・ジョージ・オーウェル『一九八四年(新訳版)』
・オースン・カード『エンダーのゲーム〔新訳版〕』(上・下)
・オースン・スコット・カード『エンダーズ・シャドウ』(上・下)
・オースン・スコット・カード『消えた少年たち』(上・下)
・オースン・スコット・カード『無伴奏ソナタ〔新訳版〕』
・オースン・スコット・カード『道を視る少年』(上・下)
・オースン・スコット・カード『死者の代弁者〔新訳版〕』(上・下)
・オースン・スコット・カード『ゼノサイド』(上・下)
・オースン・スコット・カード『エンダーの子どもたち』(上・下)
・オースン・スコット・カード『シャドウ・オブ・ヘゲモン』(上・下)
・オースン・スコット・カード『シャドウ・パペッツ』
・オースン・スコット・カード『反逆の星』
・オースン・スコット・カード『第七の封印』
・オースン・スコット・カード『辺境の人々』
・オースン・スコット・カード『地球の記憶 帰郷を待つ星』
・オースン・スコット・カード『地球の呼び声 帰郷を待つ星』
・オースン・スコット・カード『神の熱い眠り ワーシング年代記』
・オースン・スコット・カード『キャピトルの物語 ワーシング年代記』
・ケイティ・カーン『君の彼方、見えない星』
・ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を〔新版〕』
・ダニエル・キイス『心の鏡』
・ウィリアム・ギブスン『クローム襲撃』
・ジェイムズ・キャンビアス『ラグランジュ・ミッション』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊2 特務戦隊フュリアス』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊3 巡航戦艦カレイジャス』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊4 巡航戦艦ヴァリアント』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊5 戦艦リレントレス』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊6 巡航戦艦ヴィクトリアス』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊7 戦艦ドレッドノート』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊8 無敵戦艦インビンシブル』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊9 戦艦ガーディアン』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊10 巡航戦艦ステッドファスト』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊11 巡航戦艦レビヤタン』
・ジャック・キャンベル『月面の聖戦1 下士官の使命』
・ジャック・キャンベル『月面の聖戦2 指揮官の決断』
・ジャック・キャンベル『月面の聖戦3 永遠の正義』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊 外伝1 反逆の騎士』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊 外伝2 星々を守る盾』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊 外伝3 勝利を導く剣』
・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊 ジェネシス 先駆者たち』
・アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』
・アーサー・C・クラーク『都市と星(新訳版)』
・アーサー・C・クラーク『渇きの海』
・アーサー・C・クラーク『海底牧場』
・アーサー・C・クラーク『火星の砂』
・アーサー・C・クラーク『宇宙島へ行く少年』
・アーサー・C・クラーク『楽園の泉』
・アーサー・C・クラーク『地球帝国』
・アーサー・C・クラーク『宇宙のランデヴー』
・アーサー・C・クラーク『楽園の日々 アーサー・C・クラークの回想』
・アーサー・C・クラーク『宇宙への序曲』
・アーサー・C・クラーク『遙かなる地球の歌』
・アーサー・C・クラーク『神の鉄槌』
・アーサー・C・クラーク『グランド・バンクスの幻影』
・アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅〔決定版〕』
・アーサー・C・クラーク『2010年宇宙の旅(新版)』
・アーサー・C・クラーク『2061年宇宙の旅』
・アーサー・C・クラーク『3001年 終局への旅』
・アーサー・C・クラーク『地球光』
・アーサー・C・クラーク『宇宙のランデヴー〔改訳決定版〕』
・アーサー・C・クラーク『宇宙への序曲〔新訳版〕』
・マイクル・クライトン『アンドロメダ病原体〔新装版〕』
・マイクル・クライトン『スフィア―球体―』(上・下)
・マイクル・クライトン『ターミナル・マン』
・マイクル・クライトン『ジュラシック・パーク』(上・下)
・マイクル・クライトン『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2』(上・下)
・アーネスト・クライン『アルマダ』(上・下)
・ブレイク・クラウチ『ダーク・マター』
・ジェイムズ・コーリイ『巨獣めざめる』(上・下)
・イアン・コールドウェル『第五の福音書』(上・下)
・ブランドン・サンダースン『王たちの道1 白き暗殺者』
・ブランドン・サンダースン『王たちの道2 死を呼ぶ嵐』
・ブランドン・サンダースン『王たちの道3 自由への架け橋』
・マイク・シェパード『特命任務、発令! 海軍士官クリス・ロングナイフ』
・マイク・シェパード『王立調査船、進撃! 海軍士官クリス・ロングナイフ』
・マイク・シェパード『勅命臨時大使、就任! 海軍士官クリス・ロングナイフ』
・クリフォード・シマック『中継ステーション〔新訳版〕』
・ダン・シモンズ『ハイペリオン』(上・下)
・ダン・シモンズ『ハイペリオンの没落』(上・下)
・ダン・シモンズ『エンディミオン』(上・下)
・ダン・シモンズ『エンディミオンの覚醒』(上・下)
・ダン・シモンズ『イリアム』(上・下)
・ダン・シモンズ『オリュンポス1』(1〜3)
・ダン・シモンズ『ヘリックスの孤児』
・トマス・スウェターリッチ『明日と明日』
・ジャスパー・スコット『最後の帝国艦隊』
・ジョン・スコルジー『アンドロイドの夢の羊』
・ジョン・スコルジー『ロックイン−統合捜査−』
・ジョン・スコルジー『老人と宇宙』
・ジョン・スコルジー『遠すぎた星 老人と宇宙2』
・ジョン・スコルジー『最後の星戦 老人と宇宙3』
・ジョン・スコルジー『ゾーイの物語 老人と宇宙4』
・ジョン・スコルジー『戦いの虚空 老人と宇宙5』
・ジョン・スコルジー『終わりなき戦火 老人と宇宙6』
・ジョン・スコルジー『レッドスーツ』
・ニール・スティーヴンスン『七人のイヴ機
・ボリス・ストルガツキー『ストーカー』
・コードウェイナー・スミス『スキャナーに生きがいはない 人類補完機構全短篇1』
・コードウェイナー・スミス『アルファ・ラルファ大通り 人類補完機構全短篇2』
・マイク・スミス『最後の近衛戦士』(上・下)
・ロジャー・ゼラズニイ『伝道の書に捧げる薔薇』
・ミハエル・マルクス・ターナー『ミュータント』
・ジョシュア・ダルゼル『暗黒の艦隊 駆逐艦〈ブルー・ジャケット〉』
・ジョシュア・ダルゼル『暗黒の艦隊2 新造艦〈アレス〉』
・テッド・チャン『あなたの人生の物語』
・フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
・フィリップ・K・ディック『トータル・リコール ディック短篇傑作選 』
・フィリップ・K・ディック『高い城の男』
・フィリップ・K・ディック『ユービック』
・フィリップ・K・ディック『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』
・フィリップ・K・ディック『流れよわが涙、と警官は言った』
・フィリップ・K・ディック『変数人間 ディック短篇傑作選』
・フィリップ・K・ディック『時は乱れて』
・フィリップ・K・ディック『変種第二号 ディック短篇傑作選』
・フィリップ・K・ディック『ヴァリス〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『宇宙の眼』
・フィリップ・K・ディック『人間以前 ディック短篇傑作選』
・フィリップ・K・ディック『火星のタイム・スリップ』
・フィリップ・K・ディック『聖なる侵入〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『ザップ・ガン』
・フィリップ・K・ディック『ティモシー・アーチャーの転生〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『偶然世界』
・フィリップ・K・ディック『死の迷路』
・フィリップ・K・ディック『去年を待ちながら〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『銀河の壺なおし〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『シミュラクラ〔新訳版〕』
・フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』
・フィリップ・K・ディック『アジャストメント ディック短篇傑作選』
・フィリップ・K・ディック『小さな黒い箱 ディック短篇傑作選』
・フィリップ・K・ディック『ジャック・イジドアの告白』
・ラヴィ・ティドハー『革命の倫敦 ブックマン秘史1』
・ラヴィ・ティドハー『影のミレディ ブックマン秘史2』
・ラヴィ・ティドハー『終末のグレイト・ゲーム ブックマン秘史3』
・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『あまたの星、宝冠のごとく』
・デニス・E・テイラー『われらはレギオン1 AI探査機集合体』
・ピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』(上・下)
・ピーター・トライアス『メカ・サムライ・エンパイア』(上・下)
・クリストファー・ナトール『女王陛下の航宙艦』
・クリストファー・ナトール『女王陛下の航宙艦2 ネルソン作戦発令』
・ラメズ・ナム『ネクサス』(上・下)
・ラリイ・ニーヴン『無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン』
・ロバート・A・ハインライン『夏への扉』
・ロバート・A・ハインライン『人形つかい』
・ロバート・A・ハインライン『愛に時間を』(1〜3)
・ロバート・A・ハインライン『メトセラの子ら』
・ロバート・A・ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』
・ロバート・A・ハインライン『自由未来』
・ロバート・A・ハインライン『悪徳なんかこわくない』(上・下)
・ロバート・A・ハインライン『デリラと宇宙野郎たち 未来史1』
・ロバート・A・ハインライン『地球の緑の丘 未来史2』
・ロバート・A・ハインライン『動乱2100 未来史3』
・ロバート・A・ハインライン『獣の数字』(1〜3)
・ロバート・A・ハインライン『宇宙の戦士〔新訳版〕』
・スティーヴン・バクスター『タイム・シップ〔新版〕』
・パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』(上・下)
・パオロ・バチガルピ『第六ポンプ』
・デイヴ・バラ『光速艦インパルス、飛翔! 連合航宙軍の誕生』
・L・マイケル・ハラー『スター・トレジャー 秘宝の守護者』
・マイケル・ヒックス『女帝の名のもとに ファースト・コンタクト』(上・下)
・ローレン・ビュークス『ZOO CITY』
・デイヴィッド・ファインタック『大いなる旅立ち 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『チャレンジャーの死闘 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『激闘ホープ・ネーション! 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『決戦!太陽系戦域 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『突入!炎の叛乱地帯 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『ギャラクティックの攻防 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・デイヴィッド・ファインタック『襲撃!異星からの侵入者 銀河の荒鷲シーフォート』(上・下)
・ヴィム・ファンデマーン『ヴィジョン』
・ロバート・ブートナー『孤児たちの軍隊 ガニメデへの飛翔』
・ロバート・ブートナー『孤児たちの軍隊2 月軌道上の決戦』
・ロバート・ブートナー『孤児たちの軍隊3 銀河最果ての惑星へ』
・ロバート・ブートナー『孤児たちの軍隊4 人類連盟の誕生』
・ロバート・ブートナー『孤児たちの軍隊5 星間大戦終結』
・ピアース・ブラウン『レッド・ライジング 火星の簒奪者』
・ピアース・ブラウン『レッド・ライジング2 黄金の後継者』(上・下)
・レイ・ブラッドベリ『華氏451度』
・レイ・ブラッドベリ『火星年代記〈新版〉』
・レイ・ブラッドベリ『刺青の男』
・レイ・ブラッドベリ『よろこびの機械』
・レイ・ブラッドベリ『メランコリイの妙薬』
・レイ・ブラッドベリ『太陽の黄金の林檎〔新装版〕』
・レイ・ブラッドベリ『瞬きよりも速く〔新装版〕』
・レイ・ブラッドベリ『華氏451度〔新訳版〕』
・レイ・ブラッドベリ『歌おう、感電するほどの喜びを![新版]』
・クリストファー・プリースト『夢幻諸島から』
・クリストファー・プリースト『双生児』(上・下)
・クリストファー・プリースト『隣接界』
・ケイジ・ベイカー『黒き計画、白き騎士 時間結社〈カンパニー〉極秘記録』
・バリントン・J・ベイリー『カエアンの聖衣〔新訳版〕』
・バリントン・J・ベイリー『ゴッド・ガン』
・ヴォーン・ヘプナー『喪われた巨大戦艦』
・フーバート・ヘンゼル『テラナーズ』
・フランク・ボルシュ『スターダスト』
・フランク・ボルシュ『ツインズ』
・ジョージ・R・R・マーティン『七王国の玉座 氷と炎の歌1〔改訂新版〕』(上・下)
・ジョージ・R・R・マーティン『王狼たちの戦旗 氷と炎の歌〔改訂新版〕』(上・下)
・ジョージ・R・R・マーティン『剣嵐の大地 氷と炎の歌3』(上・中・下)
・ジョージ・R・R・マーティン『乱鴉の饗宴 氷と炎の歌4』(上・下)
・ジョージ・R・R・マーティン『竜との舞踏 氷と炎の歌5』(上・中・下)
・イアン・マクドナルド『サイバラバード・デイズ』
・エラン・マスタイ『時空のゆりかご』
・チャイナ・ミエヴィル『言語都市』
・チャイナ・ミエヴィル『クラーケン』(上・下)
・マイクル・ムアコック『メルニボネの皇子』
・マイクル・ムアコック『この世の彼方の海』
・マイクル・ムアコック『暁の女王マイシェラ』
・マイクル・ムアコック『ストームブリンガー』
・マイクル・ムアコック『夢盗人の娘』
・マイクル・ムアコック『スクレイリングの樹』
・マイクル・ムアコック『白き狼の息子』
・マシュー・メイザー『サイバーストーム 隔離都市』(上・下)
・クリスチャン・モンティロン『テラニア』
・チャールズ・ユウ『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』
・ハンヌ・ライアニエミ『量子怪盗』
・A・G・リドル『タイタン・プロジェクト』
・ケン・リュウ『紙の動物園』
・ケン・リュウ『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』
・アーシュラ・K・ル・グィン『世界の誕生日』
・レオ・ルーカス『テレポーター』
・スタニスワフ・レム『ソラリス』
・スタニスワフ・レム『泰平ヨンの未来学会議〔改訳版〕』
・ネイサン・ローウェル『大航宙時代 星海への旅立ち』
・ジェイン・ロジャーズ『世界を変える日に』
・アダム・ロバーツ『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』
 
 
日付 : 2018/09/14 照会 : 3350
 
次 : 飛浩隆16年ぶりの第2長篇『零號琴(れいごうきん)』刊行記念トーク&サイン会、開催!!