ニール・サイモン氏、死去  
2018年8月26日、『おかしな二人』『ビロクシー・ブルース』『ヨンカーズ物語』などで知られる劇作家のニール・サイモン(Neil Simon)氏が、地元ニューヨークの病院で死去された。享年91歳。
 
ニール・サイモンは、1927年、ニューヨーク州ブロンクス生まれ。ニューヨーク大学、デンヴァー大学で学び、アメリカ陸軍に入隊、キャンプ内の新聞で執筆を始める。
除隊後、兄ダニーとラジオやテレビにコメディを書き始める。やがて活動の場を舞台に移し、61年の『カム・ブロー・ユア・ホーン』でブロードウェイにデビュー。
 
1966年〜67年には、『おかしな二人』を含む4本が同時にブロードウェイで上演されるほどの人気を呼ぶ。73年の最愛の妻の死からしばらく公私ともに低迷の時期を経たのち、自伝的な『思い出のブライトン・ビーチ』(1983)『ビロクシー・ブルース』(1985)『ブロードウェイ・バウンド』(1986)で“ブロードウェイの喜劇王”として不動の地位を築き、91年には『ヨンカーズ物語』でピュリッツァー賞を受賞。
 
また『おかしな二人』『ビロクシー・ブルース』『ヨンカーズ物語』で三度トニー賞を受賞。≪おかしな二人≫≪裸足で散歩≫≪グッバイガール≫など映画脚本も多い。
 
ここに、故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。


●『ニール・サイモン自伝 書いては書き直し』はこちらから→










 
 
 
日付 : 2018/08/27 照会 : 2435
 
次 : 読者プレゼント予告:9月5日発売『忙しすぎる人のための宇宙講座』ご購読の読者に「ビクセン」の天体望遠鏡を抽選でプレゼント