『それまでの明日』刊行記念 「原鏐岷蕾顱‖崎と私の30年」のご案内  
14年ぶりに私立探偵・沢崎シリーズの最新作『それまでの明日』(3月1日発売)を上梓する、伝説の直木賞作家・原鏤瓠今年は1988年の『そして夜は甦る』でのデビューから30周年にあたっており、沢崎と歩んだ歳月を振り返りながら創作秘話を明かします。
入場は無料。下記の要領でご応募のうえ、是非ご来場ください。

講演者 原錙丙邁函
日時 3月2日(金)19時00分〜21時00分(18時半開場)
場所 明治記念館 孔雀の間
定員 200名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
参加費 無料、ただし入場の際には聴講券が必要です。
主催 株式会社 早川書房/公益財団法人 早川清文学振興財団

【聴講券申込方法】
郵便番号、住所、氏名、年齢を明記のうえ、メールまたは葉書にてお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とし、聴講券の発送をもって当選者の発表にかえさせていただきます。
※ご応募はお一人様一通に限らせていただきます。
※ご応募に際して頂いた個人情報は、当講演会の聴講券の発送以外の用途には一切使用いたしません。

【宛先】
1. メールの場合
lecture2018@hayakawa-online.co.jp
(件名に「原鏐岷蕾馗姐峇望」とご記入ください)

2.葉書の場合
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2−2
早川書房「原鏐岷蕾顱弖

【締切】
メールの場合は2月15日(木)午後5時まで
葉書の場合は2月13日(火)消印有効とします。


 
 
日付 : 2018/01/19 照会 : 11697
 
次 : 第五回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞選考結果