カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞受賞! 訳者・土屋政雄さんのコメント到着!  
10月5日にノーベル文学賞が発表され、イギリスの作家カズオ・イシグロ氏が2017年の受賞者となりました。

カズオ・イシグロ氏は1954年11月8日長崎生まれ。5歳のときに家族とともに渡英。ケント大学で英文学、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。1982年に『遠い山なみの光』でデビュー。第3長篇『日の名残り』で英国最高の文学賞ブッカー賞受賞。代表作に映画化・ドラマ化・舞台化等された『わたしを離さないで』などがある。ロンドン在住。

 
土屋政雄さんからのコメント:
 まずは、イシグロ氏に心よりおめでとうと申し上げたい。同時に、たまたま氏の作品を翻訳する機会に恵まれたという幸運を偶然の神に感謝したい。量的には寡作な作家なので、正直、受賞はあと一、二作あとかなと思っていたが、作品の質が量を補って余りあったということだろう。
 ただ、イシグロ氏は常々「ノーベル賞にはあまり関心がない」と言っていて、その理由に「受賞後、これという作品を書いた作家がいないから」をあげていた。氏には、ぜひ例外になってほしい。今後の作品から、作家イシグロの代表作と言われるものが出てくることを祈りたい。


既刊ハヤカワepi文庫より好評中
(※『忘れられた巨人』文庫版のみ10月14日発売)


 
 
 
日付 : 2017/10/06 照会 : 15114
 
次 : 早川書房は日本橋ブックコンに参加します! 高橋葉介さんサイン会有り!